話題の薄毛治療「HARG療法」の特徴について

海外でも話題になり、日本でも最近治療を受ける人が多くなった「HARG療法」をご存知でしょうか?

HARG療法の特徴は「副作用が無い」「高い発毛効果が望める」「ランニングコストが少ない」という点です。

これだけ見ると夢のような発毛療法ですね。

どういうことなのか詳しく見ていきましょう。

HARG療法は副作用が無い

薄毛には様々な原因があります。

AGA治療に用いられる「プロペシア」などは体質によっては副作用などが現れます。

また、育毛作用のある「ミノキシジル」などは血圧の低下を引き起こし、低血圧の人の使用には注意が必要です。

HARG療法では、幹細胞から抽出・精製された成長因子を凝縮した「HARGカクテル」を使用しています。

HARGカクテルは、ヒト由来の成分であることと滅菌処理がしっかりとされているので、アレルギーなどの副作用が出る心配はありません。

海外などでは数千以上の臨床例がありますが、副作用の報告はないのです。

高い発毛効果がある

薄毛の原因は、毛母細胞の不活性が原因とされています。

毛髪には、成長期、退行期、休止期という毛周期があり、加齢やストレスにより育毛サイクルが滞ることで薄毛になります。

HARGカクテルは、不活性になった毛母細胞の育毛スイッチを活性化することで発毛を促すので、99%の確率で髪を再生します。

ランニングコストが安く済む

HARG療法は、施術後のメンテナンス回数が少ないのが特徴です。

発毛が確認されてからのメンテナンスは年に1~2回程度で済むので、治療費がかかりません。

初期コストを合わせて考えても、他の治療法の3分の1程度であり、長い期間で考えるとリーズナブルです。

まとめ

HARG療法はこれといったデメリットがないのが特徴です。

他の治療で効果が出なかった方は、HARG療法を検討されてはいかがでしょうか。