効果が高いと噂のHARG療法の効果や期間はどれくらい?

人間はどうして薄毛になってしまうのか、その仕組みについてご存知でしょうか。

人間の髪は毛母細胞から作られます。

この毛母細胞には、成長期、退行期、休止期の毛周期サイクルがあり、毛母細胞の活動が弱まってサイクルが滞ることによって薄毛が起こります。

HARG療法では、毛周期を正常に戻すことで発毛を促します。

HARG療法の仕組みと効果

人間の身体を日々作り変えているものに「幹細胞」があります。

幹細胞は、赤血球や血小板など様々な器官を作り出す元となる細胞です。

この幹細胞から抽出した150種類以上の成長因子を凝縮したものが「AAPE」です。

AAPEを不活性な毛母細胞に注入することによって、毛母細胞が活性化し新しい毛髪を生み出すようになるのです。

また、育毛に必要な栄養素であるビタミンやシスチン、ブフロメジルなどを供給することで育毛をサポートします。

そして、「HARGENONスプレー」が脱毛の原因である男性ホルモンや脱毛ホルモンが毛根に届くのをブロックします。

「活性化」「栄養」「ブロック」の3つの要素で薄毛を治療します。

実際の発毛は、平均4~5回の治療の後に現れます。

年齢や薄毛の原因にもよりますが、99%の確率で発毛するというデータがあります。

AGAなどの男性型脱毛症や女性の薄毛、ストレスや生活習慣病による脱毛などに効果があります。

HARG療法の効果期間

HARG療法は、毛母細胞を活性化し、成長ホルモンの継続分泌を促すので、治療後も効果が持続します。

他の薄毛治療では毎月治療を続ける必要がありますが、HARG療法では年に1~2回とアフターケアが手軽になっています。

さすがに一度だけの治療では効果は望めませんが、数回の皮下注射の後、発毛を確認できてからは長い期間効果が持続します。