HARG療法のメリット・デメリットについて

最近話題になっている薄毛治療「HARG療法」は、効果が高く副作用も少ないとして、口コミでも評判になっています。

他の薄毛治療で効果が見られなかったという人は、治療を検討されているのではないでしょうか。

HARG療法のメリット・デメリットをまとめてみました。

HARG療法のメリット

HARG療法は、ヒト由来の幹細胞から抽出された成長因子を元に作られた「HARGカクテル」を皮下注射することで、毛母細胞を活性化させることで発毛を促す療法です。

使用されるHARDカクテルは、滅菌処理がしっかりしているので、アレルギー反応などもありません。

治療後は、毛母細胞が成長因子を分泌し続けるので、継続して治療効果を得ることができます。

メンテナンスも年に1~2回程度とアフターケアも楽で、トータルのランニングコストも少なく済みます。

平均して、4回程度の皮下注射の後に発毛効果が認められます。

HARG療法のデメリット

デメリットとしては、毛母細胞を刺激することにより発毛を促すメカニズムであるために、毛母細胞が死滅している場合には効果がでないことです。

交通事故などでできた外傷部分には、毛母細胞がないので発毛効果は望めません。

人間には発毛サイクルがあり、成長期、休止期、退行期を繰り返します。

加齢によりこのサイクルは鈍るようになるので、高齢者の場合若年者に比べて、思ったほどフサフサにならないといったことが起こり得ます。

また、薄毛には様々な原因があり、男性に多く見られるAGAの場合は、男性ホルモンが抜け毛の原因となっているので「プロペシア」を継続服用する必要があります。

まとめ

HARG療法は人間が本来持っていた発毛する力を刺激する療法なので、毛母細胞が無かったり抜け毛の原因が他にある場合は、効果が出ないことがあります。

専門家と相談の上、治療を受けることをオススメします。