薄毛治療に効果が高いHARG療法の副作用について

薄毛というのは、男性には尽きることの無い悩みのひとつです。

まだハゲていない若い人でも、将来の不安から育毛剤を使用したりします。

薄毛が気になる人に朗報!「HARG療法」

このような状況を劇的に変える再生医療として「HARG療法」が脚光を浴びています。

HARG療法は、人間の細胞の元になって様々な臓器を形作る「幹細胞」から抽出した成長因子を皮下注射して毛母細胞を活性化し、発毛機能を蘇らせる再生医療です。

HARGカクテルが毛母細胞を刺激し、成長因子を分泌し続けるため、治療が終わった後も効果が持続するのが特徴です。

育毛に付き物の副作用

植毛や育毛には様々な副作用が付きまとい施術に当たって不安を感じる方も多いと思います。

例えば植毛で代表的な副作用に「ショッククロス」と「ピットスカー」があります。

ショッククロスは頭皮への麻酔が原因となって、頭皮の血流が悪くなることでかえって抜け毛が増えてしまう現象です。

ピットスカーは、植毛部分が凹んでしまい、頭皮が凸凹になってしまう副作用です。

また、育毛剤で有名なミノキシジルなどは、血圧を下げる効果があるので、低血圧の人が使うと眩暈や吐き気などの症状がでる場合があります。

HARG療法は副作用が少ない

では、肝心のHARG療法の副作用についてはどうなのでしょうか?

結論から言うと、副作用はほとんど報告されていません。

と言うのも、治療に使うHARGカクテルは、ヒト由来の幹細胞から抽出したタンパクをろ過して、滅菌処理もしているので、安全性が高いのです。

そういう理由で気になるアレルギー反応などもなく、副作用が出る心配もないのです。

海外ではすでに数千の臨床例が報告されており、日本においても2000症例以上を越えますが、副作用の報告はありません。

HARG療法は、効果が高い上に副作用も無い画期的な薄毛療法だと言えます。